×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



政治問題・突発事項と相場変動

政治問題・突発事項と相場変動

通貨というのは国が発行するものですから、その国のファンダメンタルズとは密接な関係にあります。

つまり、もし何らかの災害や突発的な事項により、その国にダメージを与えた場合には、当然その通貨も下落するということです。

こうした突発的な事項というのは、予測できないものではありますが、その国が抱えている政治的な問題などは、普段から把握しておくようにしたいです。

ブレトン・ウッズ体制とは?

19944年7月に、連合国44か国が、米国ニューハンプシャー州ブレトン・ウッズに集まり、第二次世界大戦後の国際通貨体制に関する会議が開かれ、IMF(国際通貨基金)協定などが締結されました。

これにより、国際通貨制度の再構築や、安定した為替レートに基づいた自由貿易に関する取り決めが行われました。

この後、およそ25年続いた体制のことをブレトン・ウッズ体制といいます。

ちなみに、ブレトン・ウッズ体制では、加盟国の通貨レートは上下1%以内の変動幅でドルに釘付けすることが義務づけられ、ドル自体は1オンス=35ドルのレートで金に固定されたので、「金ドル本位制」とも呼ばれました。


日銀総裁発言と為替相場
要人発言の内容は?
為替相場を動かす日本・ユーロの要人は?
政治問題・突発事項と相場変動
国際問題の為替相場への影響は?

要人発言とは?
為替相場を動かす米国・英国の要人は?
為替相場を動かすカナダ・スイス等の要人
政治・経済の為替相場への影響は?
各国が抱える地政学的リスクは?

債券
FXで稼ぎやすい時間帯

クイック入金
OCO取引

不動産鑑定士(補)
不動産取引紛争事例等調査研究委員会
変更登記

不動産所得
不法行為と債務不履行
報酬の額の掲示
不動産コンサルティング
不燃材料
定期借地権
不動産の鑑定評価
弁済業務保証金の還付

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved