×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



景気がよいと金利が高い?

景気がよいと金利が高い?

為替相場というのは、その国の金利変動に大きな影響を受けるとともに、その金利変動の前提となるその国の景気にも大きく左右されます。

景気がよくなると、経済的な力が増加するので、その国の通貨は強くなります。

一方、景気が悪くなると、その国の通貨は弱くなります。

といっても、必ずしも「景気がよい=金利が高い」ではありません。

これは、政治的に不安定であったり、経済的な信用力がないために、調達金利が高くなるケースもあるからです。

なので、このケースの場合は、その国の通貨が高くなるとは限らないわけです。

ちなみに、アルゼンチンは、金利を高くして、通貨の価値を支えようとしてましたが、その矛盾に耐え切れなくて2001年に債務不履行(デフォルト)を起こしています。

マネーサプライとは?

マネーサプライとは、通貨供給量のことです。

日本銀行をはじめ、金融機関から経済全体に対して供給される通貨量をみる指標です。

オフバランス取引とは?

オフバランス取引というのは、貸借対照表に載らない簿外取引のことをいいます。


ファンダメンタルズとは?
景気がよいと金利が高い?
GDPの構成要素は?
生産に関する指標の発表時期(米国・ユーロ)
インフレ・金利・通貨の関係は?

日本の景気と金利の関係は?
経済指標とは?
為替相場に影響を与えるGDP数値は?
生産に関する指標の発表時期(英国・日本)
インフレに関する指標の発表時期(米国)は?

FXのリスク
キャリートレード・株価・為替の関係

IFO注文
スプレッドという手数料

譲渡所得
真正売買
正常価格

譲渡担保の禁止
森林法
善意・悪意
正味
スキップフロア
RC造
所有権
成年後見制度

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved