×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



消費に関する指標とGDP

消費に関する指標とGDP

消費に関する経済指標というのは、GDP成長率との関わりが大きいといえます。

というのは、先進諸国の場合は、GDP総額の約70%を個人消費(家計)が占めているので、消費動向がGDPの行方に大きな影響を及ぼすからです。

なお、消費に関する経済指標としては、次のようなものがあります。

■小売売上高
■住宅販売
■個人支出
■企業在庫
■卸売在庫...など

個人支出の注目点は?

個人支出が発表される際に、「PCEデフレーター」という物価指数も発表されるのですが、これと、PCEデフレーターの指数から食料品とエネルギーを除いた「コアPCEデフレーター」は、FRBがインフレの指標として注目していると言われていますので重要になります。

日本の消費に関する経済指標は?

日本の消費に関する経済指標には、次のようなものがあります。

全世帯消費支出
⇒ 全世帯消費支出は、消費動向を見るうえで最も重要な指標のひとつといえます。


ユーロ・英国のセンチメント調査とは?
住宅・在庫の指標は?
経済指標の重要度は?
米国の金融政策は?
ユーロの金融政策は?

消費に関する指標とGDP
米国と日本の消費に関する経済指標は?
中央銀行の金融政策と声明文
G7・G20とは?
日本の金融政策は?

レバレッジ効果のリスク
IFD注文・OCO注文

証拠金の入金方法
余裕資金で投資する

特定目的信託
土地取引の事前届出
難燃材料の認定

都市計画
徒歩所要時間の表示
任意後見契約制度
都市再開発法
取引一任代理等に係る特例
移行地
都市再生基本方針
取引態様の明示

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved