×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



ロング・ショートとは?

ロング・ショートとはどういう意味ですか?

ロングというのは、買って保有していることをいいます。また、ショートというのは、売って保有していることをいいます。

具体的には、「ドル円ロング」といった場合には、米ドルを買うことを、また、「ドル円ショート」といった場合には、米ドルを売ることを意味します。

ロングやショートというのは、株式などの売買においても用いられる言葉ですが、外国為替取引は通貨の交換ですから、反対からみれば、「ドル円ロング」は「円のショート」、「ドル円ショート」は「円のロング」ということになります。

ただし、外国為替の慣行では、必ず基準になる通貨※が、ロング、またはショートと表現します。

つまり、円をロングにしたい場合には、ドルを売ればよいということになります。

※通貨ペアの左側に表示される通貨のことです。つまり、「USD/JPY」(ドル円)の場合には、USD(ドル)の方が基準になる通貨ということです。

ロング・ショートはどちらからでもよいのですか?

外国為替取引というのは、変動した値幅のみがポイントになります。

なので、売買のスタートは、ロングからでもショートからでも、どちらからでも入ることができます。


FX(外国為替証拠金取引)とは?
FXの投資方法とは?
FXの取引方法は?
ビッドとオファーとは?
ポジションとは?

通貨ペアとは?
FXは小額でもOK?
為替市場が活発な時間は?
ロング・ショートとは?
信託保全とは?

スワップ金利
FXのレバレッジ

FXの安全性
政策金利
リフォーム 住宅ローン控除 控除期間 財形住宅融資
税金 特約火災保険 フラット35S フラット35
頭金ゼロ 住宅ローン 固定資産税  

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved