×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



イラク戦争・サブプライムローン問題後の米ドルは?

イラク戦争後の米ドルは?

米ドルは、巨大な国力によって、基軸通貨としての存在感を維持してきましたが、現在、それがゆらぎはじめています。

といいますのも、世界の警察を自認する米国の政策が、イラク戦争を機に世界から疑問視されるようになったからです。

サブプライムローン問題後の米ドルは?

また、サブプライムローン問題に端を発した資本市場の混乱が、これに追い討ちをかけています。

つまり、米ドルに対する基軸通貨としての信頼が損なわれてしまったということがいえるのです。

現状は、今後、米ドルが基軸通貨としての威信を取り戻せるかどうか、内政、外交を含めて、世界中が注目しているところです。

経済成長率とは?

経済成長率というのは、GDP(国内総生産)の伸び率のことをいいます。

また、経済成長率は、次のように計算します。

⇒ 前期の経済成長率=(前期のGDP−前々期のGDP)÷前期のGDP×100


イラク戦争・サブプライムローン問題後の米ドル
ドル円のレートの動向は?
ユーロの参加国は?
ユーロの懸念材料は?
ユーロ円を取引する場合は?

米国の産業・人口・面積は?
日銀の介入がドル円に与える影響は?
ユーロ圏の特徴は?
ユーロのトレンドは?
ユーロドルの取引量は?

外貨預金と外貨建てMMF
スワップ派

GTCとデイオーダー
2WAYプライス
転勤 年末残高等証明書 税金 財形住宅融資
印紙税 特約火災保険 適合証明書 フラット35
JAの住宅ローン 住民票 親の土地に住宅  

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved