×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



日銀の介入がドル円に与える影響は?

日銀の介入がドル円に与える影響は?

日本は海外への輸出が多いので、円高に対する根強いアレルギーがあると言われます。

このため、日本政府が円高を阻止する目的で、日銀を通じて為替市場に介入するという、通貨当局による操作が行われてきました。

とはいえ、外国為替市場の大きさを考えれば、日銀がいくら介入したところで、円高の流れを変えるのは難しいと考えるべきなのですが、実際に介入が行われる場面においては、為替レートは大きく動きますので注意が必要になります。

公開市場操作とは?

公開市場操作というのは、中央銀行が、オープンマーケット(一般公開の市場)において、通貨量を調節する金融政策のことをいいます。

具体的には、次のような買いオペレーションと売りオペレーションがあります。

買いオペレーション
⇒ 市場での通貨供給が逼迫しているときには、市場における有価証券や手形を中央銀行が買い取ることによって、市場に資金を放出して金融の緩和を図ります。

売りオペレーション
⇒ 通貨量が余剰のときには、中央銀行が保有する有価証券や手形を売却して、通貨を市場から中央銀行に還流させて金融を引き締めます。


イラク戦争・サブプライムローン問題後の米ドル
ドル円のレートの動向は?
ユーロの参加国は?
ユーロの懸念材料は?
ユーロ円を取引する場合は?

米国の産業・人口・面積は?
日銀の介入がドル円に与える影響は?
ユーロ圏の特徴は?
ユーロのトレンドは?
ユーロドルの取引量は?

仲値・TTB・TTS
クロス取引の為替レート

為替リスクのコントロール
内部留保
住宅ローン控除 年末残高等証明書 登録免許税 財形住宅融資
登録免許税 提携ローン フラット35 フラット35
提携ローン マンション 二世帯住宅  

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved