×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



FX取引会社のリスクと信託保全

FX取引会社のリスクとは?

FX取引会社のリスクというのは、投資家の取引を仲介する取引会社のリスクのことです。

例えば、FX取引会社が破綻した場合に、投資家の資金はどうなってしまうのかについては、大切な資産をリスク商品に投資するわけですので、必ず確認しておきたいところです。

きちんとした取引会社を選択することは、ある意味リスクヘッジにもなります。

ちなみに、すべてのFX取引会社には、金融庁への登録が義務づけられていますので、金融庁のホームページをみれば、登録情報なども確認できます。

信託保全スキームとはどのようなものですか?

投資家の資産である保証金というのは、分別管理しなければならないことになっています。

そして、信託保全スキームというのは、この方法のうちの1つのことをいいます。

この信託保全スキームは、FX取引会社が破綻した場合であっても、投資家の保証金は保全されるという仕組みのことで、こういった仕組みを採用している会社もあります。

安心して取引をするためにも、取引会社がどのような分別管理の方法をとっているのかを知っておくことは重要です。


FX取引会社のリスクと信託保全
IFD注文とOCO注文とは?
レバレッジとは?
スワップポイントの計算は?
米ドルの特徴は?

FXの注文方法は?
損切り(ロスカット)とは?
スワップポイントとは?
デモ取引とは?
FRBの影響とは?

資産維持期のFX
FX(外国為替証拠金取引)

為替レートを動かす要因
FXと外貨預金
入居 住宅ローン控除 増築・改築 財形貯蓄
登録免許税 火災保険 フラット35 住宅金融公庫
住宅ローン 住宅ローン 不動産取得税  

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved