×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



FXの注文方法は?

FXの注文方法は?

FXの基本的な注文方法には、次のようなものがあります。

成行注文
⇒ 成行注文は、値段を指定せずに、現在マーケットに表示されているレートで売買する注文方法です。

また、この成行注文は、通常、すぐに取引を成立させたいときに使う注文方法です。

なお、買う場合には「Offer(オファー)」のレートで、売る場合には「Bid(ビッド)」のレートで、注文を受け付けた際の値段で取引が成立します。

指値注文
⇒ 指値注文は、値段を指定して注文する方法です。

わかりやすく言うと、ここまで高くなったら売る、あるいは、ここまで安くなったら買うという注文方法のことです。

なお、指値注文は、為替レートが注文の値段まで達したところで成立します。

逆指値注文(ストップ注文)
⇒ 逆指値注文(ストップ注文)は、ある値段より上がったら買う、あるいは、ある値段より下がったら売るという注文方法です。

なお、逆指値注文(ストップ注文)は、ポジションを保有した後、ロスカットをする際にも使用されます。


FX取引会社のリスクと信託保全
IFD注文とOCO注文とは?
レバレッジとは?
スワップポイントの計算は?
米ドルの特徴は?

FXの注文方法は?
損切り(ロスカット)とは?
スワップポイントとは?
デモ取引とは?
FRBの影響とは?

外国為替市場
FXの資金効率

ドル/円と米国経常赤字
FXと外貨預金
中古住宅 住宅ローン控除 住宅ローン控除 財形住宅融資
不動産取得税 火災保険 フラット35 住宅金融支援機構
住宅ローン 証券化ローン 不動産取得税  

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved