×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



スワップポイントとは?

スワップポイントとは?

スワップポイントというのは、通貨ペアの金利差から生まれるポイントのことをいいます。

つまり、通貨には、それぞれ一定の金利が定められていて、円には円の金利が、ドルにはドルの金利があるのですが、この金利差のことをスワップポイントと呼ぶのです。

なので、金利の高い通貨と金利の低い通貨のペアを売買した場合には、スワップポイントが発生することになります。

ただし、高金利通貨の買いポジションなどはとても魅力的ですが、為替相場の変動は金利差以上に大きいので、十分に注意する必要があります。

ロング・ショートのスワップポイント

買いポジション(ロング)の場合には、スワップポイントが受け取れますが、金利の高い通貨の売りポジション(ショート)の場合には、スワップポイントを支払うことになります。

ちなみに、スワップポイントは、米国東部時間17時をまたいでポジションを持ち続けるための保有コストと考えるとわかりやすいです。


FX取引会社のリスクと信託保全
IFD注文とOCO注文とは?
レバレッジとは?
スワップポイントの計算は?
米ドルの特徴は?

FXの注文方法は?
損切り(ロスカット)とは?
スワップポイントとは?
デモ取引とは?
FRBの影響とは?

円高と円安
FXと投資信託

FXと株を比較
外貨預金とFX
住宅が焼失 住宅ローン控除額 借換え 財形貯蓄
固定資産税 火災保険 フラット35 公庫の廃止
住宅ローン 戻り保証料 転勤  

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved