×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



レバレッジとは?

レバレッジとは?

FXではレバレッジという言葉がよく使われます。

このレバレッジというのは、「テコの原理」のことです。

つまり、FXは少額の資金で多額の資金を動かせることから、「テコの原理」を使うように、小さな力で大きな石を持ち上げるという意味で使われます。

ちなみに、FXでは、通常レバレッジ○倍というように、倍率で表されます。

なお、どの程度の保証金が必要で、どれくれいのレバレッジがかけられるのかというのは、FX会社によって異なります。

具体的には?

例えば、今、為替レートが1ドル=100円で、1万ドルを買うのに必要な証拠金が1万円だとします。

このとき、本来であれば1万ドルを買うには、100万円(100円×1万米ドル)が必要となります。

しかしながら、1万円の証拠金のみでよいということなので、これは100倍の資金効果があるといえます。

ここからレバレッジ100倍という表示がされているのです。

ちなみに、為替レートは常に変動している一方で、保有しているポジションの通貨単位は変わらないので、倍率自体は常に変動しているということがいえます。

レバレッジが低ければ安全ですか?

レバレッジが低ければ、それだけ自動ストップロスまでの値幅は拡大しますが、ロスカット注文が執行された場合には、損失額は大きくなります。

なので、たとえレバレッジが低くても、求められるリスク管理というのは同じであるということには注意が必要になります。


FX取引会社のリスクと信託保全
IFD注文とOCO注文とは?
レバレッジとは?
スワップポイントの計算は?
米ドルの特徴は?

FXの注文方法は?
損切り(ロスカット)とは?
スワップポイントとは?
デモ取引とは?
FRBの影響とは?

相対取引
レバレッジ

FXは24時間取引
外貨預金とFX
確定申告書 再適用 住宅ローン控除 公庫財形融資
固定資産税 住宅火災保険 フラット35 住宅金融支援機構
住宅ローン リフォームでローン 譲渡所得の特例  

Copyright (C) 2011 FX投資情報館 All Rights Reserved