×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



金価格が高値をつける月は?

インドの金需要について

金(ゴールド)も商品ですから、需要と供給のバランスが価格に影響を与えます。「金」の装飾品としての需要が最も多い国がインドですが、そのインドには、次のものがあります。

■結婚シーズン ⇒ 10〜1月、4〜5月
■ヒンズー教の新年にあたるダイワリ(燈明の祭り) ⇒ 10〜11月
■幸運、成功、繁栄、豊かさを祈る日であるアクシャヤ・トゥリティーヤ ⇒ 4月or5月

また、10〜11月は農産物の収穫後で最も購買力が高まる時期に当たり、「金」の需要も強いようです。

インドの金需要が金価格に及ぼす影響は?

実際に、インドの金需要が金価格にどのような影響を与えているのかについては、ロンドン渡しの市場取引価格の推移を見るとよくわかります。

具体的には、1997年から2007年のロンドン渡しの市場取引価格の推移をみますと、2002年、2003年、2006年を除いては、3月から4月にかけて年初来の高値のピークがきています。

また、2001年は9月28日にピークがきて、2003年、2004年、2005年、2006年は年末頃まで金価格は上昇を続けました。

このようにみますと、需要のピークは4月20日頃と10月13日頃ということで、どうやらインドの装飾品需要が影響しているらしいということがわかります。


純金積立は定期購入システム
日本経済新聞で金情報を入手するには?
日経新聞の「証券」面での情報収集は?
金価格が高値をつける月は?
金価格の変動と相関関係のあるものは?

純金積立の取扱業者は?
日経新聞の「商品」面での情報収集は?
金投資に役立つインターネットサイトは?
金価格への短期的な変動要因は?
NYダウと金価格の関係は?


Copyright (C) 2011 FX投資情報館V「金(ゴールド)編」 All Rights Reserved