×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



金投資は余裕資金で

借金して投資してはダメ?

もし金投資を行う場合には、近い将来使用する予定のあるおカネを投入することは避けたほうが無難です。

というのは、期限付きのおカネで投資をしてしまうと、金価格が購入価格を上回っていても下回っていても、否応なく売却しなければならなくなるからです。

高値で購入したものを安値で売却すること、すなわち損失が出る投資など、誰もがやりたくないはずです。

よって、使用期日が決まっている、つまり売却しなければならない時期が決まっている資金というのは、投資には不向きといえます。

ましてや、借金して投資することなどは絶対にやってはいけないことです。

資産保全の対象として「金(ゴールド)」が選択されている

最近では、日本人の貯蓄や投資、「金」に関する意識が大きく変化したこともあり、金地金などは値上がり益を期待する商品というよりは、資産保全の対象として選択されるケースが多いようです。

年金不安など、先行き不透明な時代になりましたから、保有しているだけで安心という「金」が頼りになるのかもしれません。

金は無価値にならないの?

「金」は実物資産ですから、無価値になることはありません。また、不動産とは異なりますので、保有しているだけでは税金もかかりません。

こうした面を考えても、「金」は長期保有に適した資産であるといえそうです。


金は分散投資の対象として有効?
金投資は余裕資金で
金投資と長期保有のメリット
自己責任とトレンドの把握
移動平均線によるチャート分析

金現物投資のリスク軽減策は?
金投資は余裕資金で行う
金投資は時間も分散する
テクニカル(チャート)分析で相場のトレンドを読む
金投資にかかる手数料は?


Copyright (C) 2011 FX投資情報館V「金(ゴールド)編」 All Rights Reserved