×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



移動平均線によるチャート分析

移動平均線とは?

移動平均線によるチャート分析は、金(ゴールド)などの商品相場を分析する際によく用いられます。

具体的には、移動平均線は、一定期間の価格の合計を日数で割った平均値をグラフ化したものであり、短期、中期、長期のトレンドを判断する材料として利用されています。

なお、一般に、短期、中期、長期のトレンドは次のようなものを表します。

■短期のトレンド ⇒ 5日・25日
■中期のトレンド ⇒ 13週・100日
■長期のトレンド ⇒ 26週・200日

長期保有で使用する移動平均線は?

金投資を長期保有を前提とするのであれば、金価格のトレンドを知るには200日移動平均線がベストといえます。

具体的には、200日移動平均線が右肩上がりであれば上昇トレンド、右肩下がりであれば下降トレンドにあると判断できます。

移動平均線のクロスの見方は?

3種類の移動平均線がクロスすると、相場の転換点になりやすくなるといわれています。

例えば、中期線が長期線を下から上に抜けるゴールデンクロスは上昇相場入り、逆に上から下に抜けるデッドクロスは下降トレンド入りとなることがあります。


金は分散投資の対象として有効?
金投資は余裕資金で
金投資と長期保有のメリット
自己責任とトレンドの把握
移動平均線によるチャート分析

金現物投資のリスク軽減策は?
金投資は余裕資金で行う
金投資は時間も分散する
テクニカル(チャート)分析で相場のトレンドを読む
金投資にかかる手数料は?


Copyright (C) 2011 FX投資情報館V「金(ゴールド)編」 All Rights Reserved