×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



自己責任とトレンドの把握

金投資は自己責任

自己責任とは、投資対象となる資産や売買のタイミングを自分で決めるということですが、投資においては、この自己責任が大原則です。

たとえ他人にすすめられるままに売買して損失を被っても、誰も損失補填などしてくれません。

金投資も自己責任で行うのが原則ですが、それを行うためには、自分なりの相場観を身につけることが必要不可欠となります。

どのような相場であっても、一方向に値上がりが続いたり、あるいは値下がりが続くことはなく、必ずいつかは転換点を迎えます。

よって、売買のベストタイミングを判断するうえで、トレンドの見極めが非常に大切になってきます。特に、金投資の場合は、短期よりも中長期のトレンドの把握がより重要になります。

中長期のトレンドを把握する

金(ゴールド)には、商品としての顔と、通貨(マネー)としての顔があり、商品の顔を持つ「金」は需給の影響を、通貨としての顔を持つ「金」は国際通貨などの影響を受けやすいといえます。

このようなことから、「金」の市場関係者の間では、「金価格は需給で決まり、国際情勢に左右される」といわれることがあります。

また、「金」の需給関係は、中長期的な価格形成や短期的な価格形成に大きく影響します。

金投資は、短期よりも中長期のトレンドの把握が重要になりますが、それはこの需給動向の分析と今後のトレンドがより重要になるということです。


金は分散投資の対象として有効?
金投資は余裕資金で
金投資と長期保有のメリット
自己責任とトレンドの把握
移動平均線によるチャート分析

金現物投資のリスク軽減策は?
金投資は余裕資金で行う
金投資は時間も分散する
テクニカル(チャート)分析で相場のトレンドを読む
金投資にかかる手数料は?


Copyright (C) 2011 FX投資情報館V「金(ゴールド)編」 All Rights Reserved