×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



東京工業品取引所の製錬業者

東京工業品取引所の受渡共用品はどこの業者のもの?

東京工業品取引所の受渡共用品は、次の製錬業者の地金となります。

<三大地金商>
■田中貴金属工業
■徳力本店
■石福金属興業

<鉱山系業者>
■日鉱金属(日立製錬所、佐賀関製錬所)
■三菱マテリアル
■三井金属鉱業
■住友金属鉱山
■古河メタルソース
■中外鉱業

<リサイクル業者>
■松田産業
■DOWAメタルマイン

<外国籍の業者>
■Argor-Heraeus SA(スイス)
■Argor S.A(スイス)
■Swiss Bank(スイス)
■Union Bank of Switzerland(スイス)
■Valcambi SA(スイス)
■Credit Suisse(スイス)
■PAMP(スイス)
■UBS AG(スイス)
■Golden West Refinig(オーストラリア)
■AGR(オーストラリア)
■Perth Mint(オーストラリア)
■Degussa(ドイツ)
■Comptoir Lyon Alemand Louyot(フランス)
■Engelhard-CLAL(イギリス、フランス)
■Engelhard-CLAL(イギリス)
■johnson Matthey(イギリス、オーストラリア、カナダ、SLCアメリカ、香港)
■Royal Canadian Mint(カナダ)
■Rand Refinery(南アフリカ)
■Navoi Mining and Matallurgical Complex(ウズベキスタン)
■LG-NIKKO(韓国)
■LG Metals(韓国)


【1540】純金上場信託と【1326】SPDRゴールド・シェアの違いは?
金投資を始めるには?
金地金(金塊)の刻印の見方は?
金(ゴールド)をインターネットで買うには?
金(ゴールド)の現物性・利殖性

XAU/JPY(金/円)とは?
東京工業品取引所の製錬業者
金地金を売る際の注意点とは?
金(ゴールド)は資産の何%くらい持つべき?
どんな地金・金貨がいい?


Copyright (C) 2011 FX投資情報館V「金(ゴールド)編」 All Rights Reserved