×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX投資情報館



金価格上昇要因(実物資産への回帰)

実物資産への回帰が進んだ理由は?

サブプライムローン問題に端を発する金融危機により、世界中の投資家は保有する株や債券などのいわゆる“ペーパー資産”が、文字通り紙クズ同然になってしまうという苦い経験を強いられました。

また、複雑な仕組みのデリバティブ(金融派生商品)も中身はガラクタ同然の価値の低い商品であったというケースが多発しました。

こうしたことを背景に、発行体の信用により成り立ってきた金融商品の信頼は大きく揺らぎ、その反動から、“実物資産”への回帰が進んでいます。

そして、そのシンプルさとわかりやすさの代表格として、「金(ゴールド)」が選好されているといえます。

世界的な超低金利

「金」の最大欠点は、それを資産として保有していても利子を生まないことといえます。

ただし、「金」には利息も配当もないわけですが、日米欧が実質的なゼロ金利政策で足並みを揃えているような現状においては、この最大のデメリットが打ち消される結果となることも事実です。

つまり、銀行預金をしていても資産は殖えず、紙幣の価値も薄まってくる状況では、消去法で「金」が浮上してくるというわけです。

よって、金利低下は「金」にとっては追い風といえます。


原油が暴騰すると小麦が暴騰する理由は?
金価格上昇要因(通貨不信)A
金価格上昇要因(インフレ懸念)
金価格上昇要因(年金・オイルマネーの流入)
金ETF・貴金属商品ETF時代の始まり

金価格上昇要因(通貨不信)@
金価格上昇要因(実物資産への回帰)
金価格上昇要因(中国の経済成長)
金価格上昇要因(金生産量の減少)
金ETFは分散投資に適している?


Copyright (C) 2011 FX投資情報館V「金(ゴールド)編」 All Rights Reserved